小豆島WEBマガジン > 二十四の瞳映画村

二十四の瞳映画村(にじゅうしのひとみえいがむら) 駐車場お食事売店トイレ

校舎

瀬戸内海を見渡す海岸沿いに、昭和初期の小さな村が再現されています。この施設は、1987年(昭和62)田中裕子主演で再映画化された、「二十四の瞳」のオープンセットを利用した観光施設です。村のメインストリートには、昭和初期をイメージした民家や漁師の家などがが並んでいます。また壺井栄文学館では、生前壺井栄が愛用していた調度品や各作品の生原稿などを展示しており、映画館「松竹座」では「二十四の瞳」を常時上映しています。

 

サイトアドレス: http://www.24hitomi.or.jp

定休日 駐車場 食事処 売店 トイレ その他
なし -

 

村内路地

教室お堀

アクセス

住所:香川県小豆郡小豆島町田浦
車での所要時間 [土庄港:50分] [池田港:35分] [草壁港:20分] [坂手港:15分] [大部港:60分] [福田港:40分]

 

二十四の瞳DVD

TV「二十四の瞳」DVD版 - 黒木瞳主演。終戦記念60周年を記念して壺井栄の不朽の名作をドラマ化!

TVドラマ「二十四の瞳」昭和3年、小豆島の岬の分教場に師範学校を卒業したての大石久子(黒木瞳)が赴任してきた。久子が担当したのは小学校1年生の12人。純粋で明るい子供たちは優しく美しい久子を“おなご先生”と呼んでなついた。やがて、平和な島にも戦争の影がちらつき始め…。
12人の小学生との20数年に渡る交流を通して、平和の尊さと教育の本質を問う。
【キャスト】黒木瞳/渡部篤郎/小栗旬/小林稔侍/蒼井優/柄本明ほか

 

TVドラマ「二十四の瞳」のご購入はこちら

映画「二十四の瞳」DVDデジタルリマスター版 - 高峰秀子主演。監督木下恵介

映画「二十四の瞳」瀬戸内海で淡路島に次ぐ大きな島、小豆島。分教場に新任の先生が来ることになった。名前は大石先生と言う。受け持ちは、小学1年生の子供たち。点呼をとりながら大石先生は一人一人の顔と名前を覚えていく。大石先生と子供たちは歌を歌い、汽車ごっこをして、野原を飛び回り、すっかり先生になついていた。その数年後、高学年になった子供たちは大石先生と再会するが、時代は軍国主義になっていた…。
【キャスト】高峰秀子、郷古秀樹、郷古仁史、渡辺五雄、渡辺四朗、宮川真ほか

 

映画「二十四の瞳」のご購入はこちら

 

 

二十四の瞳小説

小説「二十四の瞳」 (新潮文庫)

小説「二十四の瞳」 (新潮文庫)瀬戸内海べりの岬の分教場に赴任してきた「おなご先生」と12人の生徒たちとの心のふれあいを描いた愛の物語。悲惨な戦争がもたらした不幸と苦難をのりこえて、終戦後成長した生徒たちに招かれるが、「おなご先生」が再び二十四の瞳に出会うことはなかった。
【著者】壺井栄/1899年、香川県小豆島生まれ。『母のない子と子のない母と』など、郷土愛と人間愛にあふれた温かい作品を多く残した。

 

小説「二十四の瞳(新潮文庫)」ご購入はこちら

小説「二十四の瞳」(角川文庫)

小説「二十四の瞳」(角川文庫)昭和のはじめ、瀬戸内海べりの一寒村の小学校に赴任したばかりの大石先生と、個性豊かな12人の教え子たちによる、人情味あふれる物語。分教場でのふれあいを通じて絆を深めていった新米教師と子どもたちだったが、戦争の渦に巻き込まれながら、彼らの運命は大きく変えられてしまう…。戦争がもたらす不幸と悲劇、そして貧しい者がいつも虐げられることに対する厳しい怒りを訴えた不朽の名作。
【著者】壺井栄/1899年、香川県小豆島生まれ。小説家・童話作家。

 

小説「二十四の瞳(角川文庫)」のご購入はこちら

 

4K 小豆島紀行⑨ 二十四の瞳 映画村

> 二十四の瞳映画村のトップへ戻る