【小豆島】瀬戸内国際芸術祭2022 注目作品「ヒトクサヤドカリ」&「ダイダラウルトラボウ」

瀬戸内国際芸術祭2022小豆島
  • URLをコピーしました!

今期の注目作品「ヒトクサヤドカリ」と「ダイダラウルトラボウ」を見に小豆島の南部にある三都(みと)半島の神浦(こうのうら)地区に行ってきました。

いずれも屋外作品で無料で見学できます。会期と会期の間に行ったため、見学者らしき人は誰もいませんでした。

目次

ヒトクサヤドカリ

注目作品の一つ「ヒトクサヤドカリ」は、海沿いの道路から坂道を2分ほど登った瀬戸内海を見下ろす高台にありました。
全高2メートルほどある巨大な木彫りのリアルなヤドカリです。貝殻の代わりに、空き家となった民家の玄関にお尻を突っ込んで、家を殻にして住み着いているようです。

瀬戸内国際芸術祭2022「ヒトクサヤドカリ」

作品No.sd45 作:尾身大輔氏

海近くに住み着くヤドカリの背は殻ではなく家だった

家を貝殻に見立てた巨大なヤドカリの木彫。苔、木の枝などで、島々や山の連なりを想像させる。家には、海を渡ってきた生き物と人をモチーフにした彫刻が置かれ、この土地の人たちが海の生き物と格闘してきた歴史が表現される。

瀬戸内国際芸術祭2022
瀬戸内国際芸術祭2022「ヒトクサヤドカリ」
瀬戸内国際芸術祭2022「ヒトクサヤドカリ」
瀬戸内国際芸術祭2022「ヒトクサヤドカリ」

アクセス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次